2011年、神奈川より熊本在住。旅の途中。


by tsuruyoshinori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2012年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

昨日の「とっておきの音楽祭」お腹いっぱい楽しみました♪
まだおへその傷は完治していないのでパワー全開とは行きませんが・・・。


b0146750_18585513.jpg

久振りのくらげタンとの演奏は、熱くもどこかのんびりさせてくれる空間で、
気持ちよかったす、良い汗かきました。



b0146750_18592370.jpg

そして出ました、ザ☆スクランブルーズ。
初期のサルサのような混沌具合、激しくもあたたかい感じ!
こちらも良かった良かった。


フィナーレの「瑞宝太鼓」の演奏も感動。
力強い和太鼓の響きの中に、懐かしさを感じさせてくる演奏は久しぶりに鳥肌立ちました。


「のんびり」、「あたたかく」、「なつかしく」。今、自分がピンとくる感情達です。
[PR]
by tsuruyoshinori | 2012-03-26 19:04 |

とっておきの音楽祭

「とっておきの音楽祭」懐かしい~響きです。
サルサ時代に仙台でのこのイベントに出演したときは、自分は20歳ぐらいだったけかな~
10年後の2012年に熊本での「とっておきの音楽祭」に出演することになろーとは・・・

腹を切ったばかりだというのに(笑)
サルサ時代の戦友、くらげタンと一緒に演奏します♪いや~ワクワクしてきたよ。

・・・あ、演奏時間と場所聞くの忘れた。

2012年3月25日(日) 
開会式10:30  閉会式16:00 センターコート
入場料:無料

※演奏会は各会場で11:00からを予定しております。
~会場~
センターコート
現代美術館
びぷれす広場
城彩苑
ワクワク市場
下通りZARA前
三國屋前(予定)
国際交流会館
熊本PARCO前



主催 オハイエくまもと 第3回とっておきの音楽祭 実行委員会
お問い合わせ
(オハイエくまもと事務局)電話 096-325-3533
[PR]
by tsuruyoshinori | 2012-03-23 18:02 |

無事退院、そして春

b0146750_17433772.jpg

昨日無事退院しますた!
応援してくれた片方、病院の人達ありがとうございました!

手術も無事で、少し浅くなった可愛いオヘソができました♪
手術の終わった直後は、酸素マスクやら、身体中が管だれけで、チンチンに生まれ始めて管が刺さりました。
痛いというより違和感。そして…
管の抜く時の痛み、その後初めてのトイレの痛みは忘れません!
キィー(汗)


日頃の自由さ、恵まれ具合を、文字通り痛感してきました。
普通は奇跡、普通は最高♪


今週いっぱいは自宅療養で来週からボチボチ大工訓練開始です。


自宅近くに菜の花もチラホラと…春ですな〜
[PR]
by tsuruyoshinori | 2012-03-21 17:43 |
2011年の3月11日から一年経った昨日の3月11日。

僕は、朝から阿蘇の一部に木を植えるイベントに、
熊本でできた友人の稗島さんとその息子ナオキ君と参加してきました。
b0146750_2184338.jpg

落葉樹が多いこの森に、常緑樹であるスダジイ、タブ、カシの樹をバランスよく植える。
まだ生まれて5年ぐらいの若い樹木達はとても可愛いけど命の輝きがほとばしっていた。

この森が長い年月をかけ、大きくなり、虫を呼び、動物をよび、人を呼ぶ。
こういう行動は好きだし気持ちも良い。

そして午後からは、熊本市内での脱原発のパレードに太鼓を持って参加した。
社会に対する反対や賛成の運動は大事!

そして反対する時の行動は、賛成する時の行動よりもパワーを使う気がする。
最近の日記もそんな感じだった。

だもんで、時々しんどくなる時がある。

そんなこんなで・・・

明後日から入院することに、明々後日手術(笑)

一昨日から続いていた腹痛が気になり、本日病院で精密検査したら、

「尿膜管遺残」

尿膜管とは、胎児の時にへその緒の中を通って、膀胱からの排泄物を母体へ送るための管です。
普通は、生まれると必要なくなるので、萎んで管が塞がります。
しかし、塞がらずに管が残る人が時々いて。臍の奥から膀胱までが管で繋がっている。
その管が炎症を起こしているとのこと。
んで、その部分を摘出する手術のため入院します。来週中には退院できるとのこと。

笑うしかない。笑ってやってください。一緒に笑おう。

2009年の春に骨折した時は、忙しい日々に自分でして「もう無理~って」時にライブ中に
ステージからジャンプした拍子に骨折。
神様から「あんまり忙しくするなよ~マイペースで大丈夫だぞ~」・・・っと言われた気がした。

今回は、「お前はあまり難しいこと考えたり、反対するより、みんなで楽しいことしろよ~」・・・
って言われた気がした。

樹を植えることや、
音楽をみんなで楽しむこと、
困っている人の手となり足となることに。
そして時々に、勉強したり、訴えかけたりするのが自分らしいのではないかと。

b0146750_2161091.jpg



歩いて転んで、また歩いて、自分のバランス整える。
[PR]
by tsuruyoshinori | 2012-03-12 21:23 |

現実とエゴ

関東に住んで仲間に移住をすすめること。

脱原発をすすめること。

食べて応援に賛同できないこと。

汚染された可能性のあるガレキを受け入れたくないこと。

これらは僕のエゴなのだろうか?そういう側面もあるだろう。

それでも僕はエゴを通すしかない。それが僕の信じる道だから。

今を生きるこども、未来を生きるであろうこどもたち対して僕ができることは、

僕の信じる道を歩むしかない。

今日のブログが僕の心のガス抜きなっただけでも良しとしよう。

3.11まであと5日。


[PR]
by tsuruyoshinori | 2012-03-06 21:40 |
「原発国民投票」とは原発のことを国民が投票でどうするか決める。

・・・と、このぐらいザックリした知識のまま、
本日「みんなで決めよう原発国民投票」事務局長である今井一さんとのお話会に参加してきた。

3時間近くのお話はとても勉強になりました。印象的な話は・・・

・選挙で選出された政治家の間で、原発の討論が十分にされていない現状
・国民投票をすることによって国民全体で当事者性をもてること
・「みんなで決めよう原発国民投票」の賛同人には原発推進派、脱原発派、双方の立場人がいて、国民投票で決めようと提案していること

・・・まだまだありましたが、自分の理解力ではこれぐらいかと。

自分たち、自分の子供、孫の世代にとって大事なことは、自分たちで決めよう。
そう思った一日でした。

神奈川時代にお世話になった、ほうとう屋さんの「へっころ谷」関連でも国民投票の勉強会があるんだね。
嬉しいね~♪
目指す未来はみんなだいたい一緒!


以下勝手に告知↓

「原発国民投票ってなに?」

みんなで決めよう・原発国民投票
神奈川県の集い in 藤沢
(勉強会・ワークショップ・交流会)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「原発」をどうするのか。
この極めて重大な案件は、行政府や立法府が勝手に決めることではなく、
主権者である私たちひとりひとりの国民が
みんなで話し合い、学びあい、決めていくべき問題ではないでしょうか。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
第一回第二回は横浜で開催し、各20名の方々にご参加いただけました。
第三回目は、藤沢で行います!!
(神奈川県では、勉強会/説明会/ワークショップを、県内各地で順次開催していく予定です)

日時 :3月18日(日曜日) 15:30~
【プログラム】
●第一部:15:30~18:45(開場15:15)
会場 :藤沢市 藤沢公民館(JR藤沢駅徒歩15分 小田急藤沢本町駅徒歩12分)
    藤沢市藤沢1-9-17 TEL:0466-22-0019
    (少しわかりにくい場所です。地図をプリントしてお出かけください)
     駐車場はありません。
参加費:300円(会場費、資料代)

  ・「原発」国民投票説明会(はじめての方は是非)
       ・国民投票って日本でできるの?
       ・都民投票・市民投票との違い
       ・諮問型って?
       ・海外の事例紹介
       ・市民案の設問の件
  ・ビデオ上映:「今井一事務局長インタビューダイジェスト」、(予定)
         「宮台真司さん講演会ダイジェスト」(予定)

・質疑応答
 ・参加者 自己紹介 
       フリートーク 情報交換

●第二部:19:30~ 
  ・交流会 場所を移動して

  会場 :へっころ谷(小田急 六会日大前駅徒歩5分)
  参加費:交流会のへっころ谷は、飲食実費。各々別会計です。
    http://hekkoro.com/

* 賛同人以外の方も、国民投票に興味のある方はどなたでもご参加いただけます。
* 途中参加も大歓迎です。第一部のみや、交流会のみの参加でも構いません。
  (どれに参加するか、コメントを残してください)

【参加お申込み方法】

会場の定員がありますので、
なるべく前日までにメールにてお申し込みをお願いします。

【お申込みお問い合わせのメール先】 
主催:神奈川賛同人会、暮らしのエネルギー勉強会・湘南 担当:宮本kanagawa.kokumintohyo@gmail. com

お名前 人数 参加は第一部 第二部 両方か片方のみか、お知らせください。
受付後メールで返信させていただきます。

みなさまの参加をお待ちしております!!
[PR]
by tsuruyoshinori | 2012-03-04 22:16 |
三月になりましたな~。
あと8日経つと3月11日。あの日から一年。
無くした日、得た日、変わった日。
思いはそれぞれありますが、少なくても自分が熊本に移住することを決めようとは
2011年の3月11日は考えてもいなかった。

去年の初め参加しようとしていたNPOを辞退し、長年お世話になったバンドも離れ
ドラムサークルという打楽器のイベントの企画で食っていこうと思ってはいたが、
どこか自信のなさは拭えず、縁あって大磯の障碍者施設に就職。
職場での価値観のズレに戸惑いながらも静かに揺れる春の日々を送っていた。

そして7月末にその職場を辞め、旅をして10月に熊本に移住。

そして現在、職業訓練校で大工の勉強をするも、どこか熱を感じれぬ日々を送っている。

アノ時の自分の選択に疑問を持つ時がある。

それでも放射能の危険は無視できない。

満たされない日々、自分の都合を疑う日々。
トンネルはいつか抜ける、雨はいつか上がる、そう思っていても
付きまとう焦燥感。

そいくら欲望を満たそうともたどり着けないんじゃないのだろうか?
本当に満たされるとはどういうこのなのだろうか?

それでも日々、生かされていることへの感謝は確実にあって
だからこそ、その返答を探す日々は続く。

こんな風に考え込む夜も悪くはないと思う。

絶対に約束された休息の眠りに今日もつく。
[PR]
by tsuruyoshinori | 2012-03-03 00:41 |