2011年、神奈川より熊本在住。旅の途中。


by tsuruyoshinori
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:詩( 17 )

生まれ変わる

好きな音楽聞いて踊り狂って生まれ変わる

温泉に入ってホッコリして生まれ変わる

ビールで乾杯してキューっと飲んで生まれ変わる

セックスして感謝して生まれ変わる

たっぷり寝てスッキリ起きて生まれ変わる

過去の自分が死んで、今を生きて、未来の自分になっていく
[PR]
by tsuruyoshinori | 2013-04-12 00:16 |

心温泉

心に温泉作ってみる。

暖かいお湯がこんこんと湧き出ていて、湯気がゆっくりあがっている。

浸かってみればどんな病気や怪我も治る。
何よりとても気持ちよくリラックスできる。

と目を閉じ、少し寒い梅雨空の下、電車を待つ。

心温泉の温度は自分次第。のほほほん。
[PR]
by tsuruyoshinori | 2012-05-30 23:10 |

平和を求めて

平和のために 他人を傷つける
平和のために 自分を傷つける
平和のために 地球を傷つける

いったいこの螺旋はどこまで続くのだろうか
終着点はあるのだろうか
それともこの螺旋は途中で壊れてしまうのだろうか

自分自身の平和を求める
家族や仲間の平和を求める
敵の平和を求める

命ある限り平和への道を求める
[PR]
by tsuruyoshinori | 2012-05-20 23:53 |

生きる証

川の流れのように
空気を吸い込み

肺いっぱいになった所で息を止めてみる

心臓の鼓動を感じる

ドクン、ドクン。

生きている証。

現れては消える
水が流れるように
人と出会い
様々な刺激を受ける

心いっぱい感じ
振り返ってみる

キラキラキラ

輝いている。

自分が生きている証。
[PR]
by tsuruyoshinori | 2012-05-18 23:54 |

むしたち

一匹の蛍が目の前を飛び越えていく

お尻の模様がハッキリ見えるくらいの距離を

奥には蛍の群れがダンスしている
 
大きさも 輝きも 数も ケタ違いだ

そしてそれが外トイレに行く道の脇にある

自分が今までの環境とはだいぶ違う環境に来たことを感じさせてくれる。

そして今

ディスプレイには 羽虫が群がっている
[PR]
by tsuruyoshinori | 2012-05-18 00:34 |

自分自分自分

自分という乗り物で旅をして、

自分という敵と戦い、

自分という故郷にむかう。
[PR]
by tsuruyoshinori | 2012-05-17 17:01 |

新しい階段をのぼる

 「新しい階段をのぼる」

今回の階段は途中の段が無かったり

途中の段がめちゃくちゃ大きかったり

凸凹の段だったり、色々あったけれども

1つの大きな広い、遠くのその先の壁が見えないぐらい広い

大きな、大きな部屋にきた。

たぶんここは次の新しいステージ。

真っ白い部屋にはまだ何も無くて

自分の一歩踏み出したその瞬間

自分の踏み出したところに色がついた

茶色緑色

そしてまた一歩踏み出すと

友達の笑顔がひとつ、ふたつ、みっつ、よっつ、いつつ増えていく。

まだ二歩しか踏み出してないけど

三歩目、四歩目、そのずっと先どんな世界が待っているかとっても楽しみだ。

そしてたぶんまたどこかに、階段が隠されていて

知らず知らずのうちに上り始めるんだ。
[PR]
by tsuruyoshinori | 2012-05-11 22:46 |

困ったとき。

地球に生まれ

地球に育てられ

地球に還っていく。

何かに困ったときは、そんな大きな存在に地球にもたれかかってみよう。

どうやるかって?

草原で、砂浜で、仰向けになればいい。
[PR]
by tsuruyoshinori | 2012-04-11 21:03 |

ガタン。ゴトン。

ガタンゴトン。ガタンゴトン。

列車は軽快な音をたてて走っている。

ガタンゴトン。ガタンゴトン。

僕は運転手。だから僕の気分しだいで、ある時は各駅停車、ある時は急行列車。

駅で停まる度に、新しい人と出会い、出会った人と別れていく。

でも今走っているレールは誰が作ってくれたのだろうか?

僕より先に生まれた大人たち。

ではそのレールの材料はどこから?

山の石たち、森の樹たち。

僕がもう少し大人になったら、しっかりしたレールを作らなきゃ。
もう少し、山や、森を大切にしないと材料がなくなる。

後から来る、子どもたちが走る場所が無い。

ガタンゴトン。ガタンゴトン。

今日も軽快な音をたてて走っていく。
[PR]
by tsuruyoshinori | 2012-04-10 23:34 |
昨日の「とっておきの音楽祭」お腹いっぱい楽しみました♪
まだおへその傷は完治していないのでパワー全開とは行きませんが・・・。


b0146750_18585513.jpg

久振りのくらげタンとの演奏は、熱くもどこかのんびりさせてくれる空間で、
気持ちよかったす、良い汗かきました。



b0146750_18592370.jpg

そして出ました、ザ☆スクランブルーズ。
初期のサルサのような混沌具合、激しくもあたたかい感じ!
こちらも良かった良かった。


フィナーレの「瑞宝太鼓」の演奏も感動。
力強い和太鼓の響きの中に、懐かしさを感じさせてくる演奏は久しぶりに鳥肌立ちました。


「のんびり」、「あたたかく」、「なつかしく」。今、自分がピンとくる感情達です。
[PR]
by tsuruyoshinori | 2012-03-26 19:04 |